バリュエーション

サービス サービスメニューTOPバー


バリュエーション

適正な価格を第三者として、算出し、報告いたします。

業務概要

経験豊富な公認会計士や税理士等の専門家によって、事業価値、株式(普通株式・優先株式)、債権の価値だけでなく、ストックオプションやのれん等のバリュエーションを行います。
様々な状況や目的に応じ、クライアントの適切な経営判断に資する合理的かつ客観的な価値評価を提供いたします。

提供業務

株式譲渡価額の算定
合併・分割比率の算定
株式交換・移転比率の算定
TOB価額の算定
事業価値の算定
無形資産の価値算定

提供方法

当社では、バリュエーションを行う際に、単に計算手法に則って算出するのではなく、バリュエーションの評価目的、評価対象など個別事象について検討を行った上で、合理的かつ客観的な価値評価を提供いたします。

新株予約権評価

クライアントのニーズに合わせて、ストックオプションの設計及び評価行い、クライアント及びストックオプション付与対象者にとって最適なストックオプションの導入を支援いたします。

ストックオプションは、会計面では、[企業会計基準第 8 号 ストック・オプション等に関する会計基準 ]及び[企業会計基準適用指針第 11 号ストック・オプション等に関する会計基準の適用指針]に準拠して、会計処理を行う必要があります。また、税務面では、税制適格の判断、課税時期、損金計上の可否等を適切な判断が必要になってきます。

当社では、会計、税務面を考慮しつつ、クライアントにとって最適なストックオプションの導入を支援いたします。